本日 15 人 - 昨日 14 人 - 累計 60205 人 サイトマップ

指導者紹介

  1. HOME >
  2. 指導者紹介
画像増田 明(ますだあきら)
ボディートーク協会会長


 1943年生まれ。京都大学法学部、大阪教育大学特設音楽過程卒業後、高校の音楽科教諭として15年間勤務。その間、バイオリンの演奏活動、合唱指揮、ミュージカル製作を通じて心と体の結びつきを研究し、その内容を体系化して1985年6月「ボディートーク」と命名する。
同年11月 ボディートーク協会を設立し、全国および諸外国で、講演や講習会を行い、その普及に努めている。




●主な講演テーマ:

 『暖かい息は生命をはぐくむ』 『言葉の奥に潜む息』
 『心・体・頭の働きがひとつになる』
 『生命をふくらませるHealing Voice』
 『さわやかに・しなやかに・すこやかに生きる』 etc.
なお、子どもや大人を対象に、ミュージカルの脚本、演出、指導なども手がけている。




「素直な全身表現で子どもは成長する~増田先生のお話」

 夢中になって遊ぶ子どもを見ると、思わず微笑みがこぼれますね。
  
  心はウキウキ
  体は柔らかくしなやかに
  頭はクルクルと回っています。


子どもは本来、こんな楽しい毎日を積み上げていくことが理想です。
その意味で、子どもミュージカルは子ども達が全身で喜びを爆発させる場です。
子どもは無限の可能性を持っています。でもその可能性を一つずつ実現しなければ力にはなりません。
ミュージカル活動の中で思いっきり声を出し、楽しく踊り、即興で次々と表現しながら生命の感性を磨くのです。
 人と人との触れ合いをいっぱい持つこともミュージカル活動の素晴らしい特質です。
出演仲間と楽しく笑いさざめき、大人達に暖かく見守られて魅力ある人間性を身に付けます。
 ライトを浴びて舞台に立つ子ども達の姿を是非、客席からご覧下さい。
子ども達本来のハツラツとした姿にきっと目を見張ることでしょう。舞台で子どもは自主的に丸ごと自分の個性を発揮しています。
そして生きていくための知恵と勇気を自らの手で育てていくのです。
みんなで一生懸命練習した成果を公演の舞台で発表できることは、私にとっても最大の喜びです。
さあ、レッツゴー ミュージカル!!

ミュージカルひろば 「星のこども」主宰 増田 明


ボディートーク協会 公式HPページ